海王類が言ったノアを直すのに必要な「あの一族」とは何なのか?【ワンピース 予想】

ワンピース予想
スポンサーリンク

京大生ワンピース考察ブロガーのげえてです。

 

ノア あの一族 海王類

ワンピース66巻648話より引用

 

海王類が言ったノアを直すのに必要な「あの一族」とは何なのでしょうか?

 

ポイントは

・ノアを直すにはあの一族の力が必要

・時代が変わった(から直せない)

ということです。

 

直せるくらいなので、「あの一族」はノアを作った一族という可能性が大きいです。

 

ノア

ワンピース65巻641話より引用

 

今ではノアの造船技術は謎なんだそう。

 

 

げえて
げえて
 

まさにロストテクノロジー

昔、高い造船技術を持った「あの一族」はその技術でノアを設計した。そして、「時代が変わり」、「あの一族」は絶滅、もしくは移住して、造船技術は魚人島から失われた。

 

と読むのが妥当でしょう。

 

「高い造船技術」「魚人」で連想するのは、ウォーターセブントムさんです。

 

トムの弟 デン

ワンピース63巻616話より引用

 

魚人島にトムの弟がいた、という事実からトムさんは魚人島に生まれて、ウォーターセブンに出向いたということになります。

 

そして、トムさんは古代兵器プルトンの設計図を持っていました。

 

 

げえて
げえて

トムは魚人島から設計図を持ち込んだんじゃね?

 

と最初は思いました。

 

プルトンの設計図 代々受け継ぐ

ワンピース41巻399話より引用

 

しかし、プルトンの設計図はウォーターセブンの船大工が代々受けけ継いでおりトムさんが魚人島から持ち込んだものではないです。

 

げえて
げえて

残念

 

そもそも、なぜトムさんは魚人なのに人間が住むウォーターセブンに出向いたのでしょうか?

 

ノアの造船技術を知る「あの一族」がウォーターセブンにいることをトムさんは知って、ノアの造船技術を体得するためにウォーターセブンに出向いたのではないでしょうか?

 

そうでなくても、高い造船技術を持つウォーターセブンの船大工の「あの一族」が、ノアを作った可能性はあります。そして、「あの一族」は、戦艦プルトンを作った一族でもあるのかもしれません。

 

ですが、「時代が変わった」「今ではノアの造船技術が謎」から、何らかの理由で「あの一族」は絶滅した、もしくは世界政府によって消された可能性が高いです。

 

世界政府は、再び兵器を作らせないために、ノアとプルトンを作った高い造船技術を持つウォーターセブンの一族を抹消した。

 

こういう筋書きなのかもしれません。

 

ノアは大きいので、単純に巨人族が作ったという説もありますが、巨人族が高い造船技術を持ってるかは謎です。

 

げえて
げえて
 

というか、エルバフも含めて巨人族には謎が多い・・・

「あの一族」が巨人族なら、バリバリ生きてるエルバフの巨人族ではないと思います。世界中に点在するエルバフ以外の巨人村の一族なのかも。それなら根絶やしにされてる可能性大です!

 

まとめ

海王類が言った「あの一族」は

・ノアを作った?

・ウォーターセブンの船大工の一族?

・プルトンも作った?

・世界政府から消された?

・エルバフ以外の村の巨人族?

 

 

コメント