ワンピース最大の伏線・Dについて京大生がガチで考察!【Dの一族・Dの意志】

ワンピース考察
スポンサーリンク

京大生ワンピース考察ブロガーのげえてです。

 

ワンピースといえばDです。Dこそがワンピースの核であり、最大の伏線です。

 

Dの一族、Dの意志とは何なのかも含めて、Dについて理系京大生の私がガチで考察してみます!

 

スポンサーリンク

Dの名を持つキャラクターの共通点

まずはDの名を持つキャラクターをおさらいしてみると

・モンキー・D・ルフィ

・モンキー・D・ドラゴン

・モンキー・D・ガープ

・ゴール・D・ロジャー

・ポートガス・D・エース

・ポートガス・D・ルージュ

・マーシャル・D・ティーチ

・ハグワール・D・サウロ

・トラファルガー・D・ワーテル・ロー

です!

 

彼らの共通点をまとめると(情報が少なすぎるルージュを除く)

・強い

・犯罪者(ガープ以外)

・運に恵まれている

です。

 

特に特筆すべきなのは「運に恵まれている」ということです。

・ルフィバギーに処刑されそうになるも雷に打たれる(ドラゴンによるもの?)、エースに合うことで黒ひげから逃れる

・サウロ偶然ロビンがいるオハラに漂着

・ローオペオペの実に巡り合う、ドレークと間違らわれる

・黒ひげシリュウに解毒剤を渡される、ヤミヤミの実が白ひげの船に転がり込む

・ロジャーシキとの戦いで悪天候に救われる

と、偶然の力によって命拾いした描写が多く、作者が運の良さをアピールしていると思われます。

 

こんなにアピールするということは、Dの名を持つものには「運を味方につける特殊な能力」でも備わってるんでしょうか?

 

スポンサーリンク

Dが根絶やしにされていない理由

Dで一番気になることは、こんなにDの名を持つものが大事件を起こしているのに、政府はDを根絶やしにしていないということです。

・サウロ、ガープ海軍本部中将

・エース七武海に勧誘

・ティーチ七武海入り

とむしろ、政府側はDを受け入れてます。

 

バスターコールでオハラを消したり、CP0に民間人の殺しを許可したらと過激なことをやってる割には、大事件を起こすと分かりながらも、Dの血を根絶やしにはしていないのはかなり不思議です。

 

 

五老星 D

ワンピース60巻594話より引用

 

五老星もDを厄介と言っているし、厄介なら皆殺しにして芽を摘めばいいのにって思います。

 

Dを根絶やしにして政府が困るようなことでもあるのでしょうか?

 

もしかしたら、巨大な王国の王族がDの一族というのはミスリードで、世界政府を作ったのは世界貴族の末裔ではなく、実はDの一族なのかもしれません。

 

自分たちのルーツであるDの一族を政府は消せないでいるのかも。

 

マリージョアの巨大な麦わら帽子(=国宝?)はDの一族が世界政府を作ったことの証拠ということもあり得ます。(だからドフラは「存在自体が世界を揺るがす」と言った)

 

 

 

五老星の1人が「少々その目に触れすぎているようだな」と言ってることから、Dというのは本来世間に知られていけない名前ということがわかります。

 

ロジャーが海賊王になった後、政府はゴール・D・ロジャーではなくゴールド・ロジャーと呼んでますしね。

 

政府はDを隠したがってるという事実が「世界政府を作ったのは実はDの一族」という証拠になっているかもしれません。

 

スポンサーリンク

世界政府のトップでもDの正体は知らない説

さっきの五老星のセリフから判断すると、五老星はDのことを知っていると思いがちです。

 

ロー センゴク D

ワンピース80巻798話より引用

 

そして、センゴクの「少なくともロシナンテは何も知らない筈だ」というのは、「(自分は知ってるけど)ロシナンテは知らない筈」と読むことができ、センゴクもDのことを知ってるように感じます。

 

しかし、それは彼ら政府上層部がDのことを知っていると読者に思わせるためのミスリードで、本当は政府上層部、イム様までもがDの秘密を知らないと私は踏んでます。

 

政府がDの根絶やしに一歩踏み込めないのも、存在があやふやだからというのが理由なのかも。

 

政府上層部が知らない証拠として、「天竜人のドフラミンゴやロシナンテはDの秘密を知らなかった」というのがあります。

 

ロー ロシナンテ D 神の天敵

ワンピース77巻764話より引用

 

元天竜人のロシナンテは、Dの存在を知っていましたが、Dの真相については知りませんでした。(Dの一族を神の天敵と呼ぶある者達が住むある土地ってどこなんだろ?)

 

ドフラミンゴ D ロー 天敵

ワンピース77巻768話より引用

 

ドフラミンゴも「天敵なんざ迷信だ!」と一蹴しているので、Dの真相を知らない様子です。

 

天竜人の彼らが知らないということは、イム様や五老星も知らないという可能性が高く、政府側のDに対する共通認識は「誰も真相を知らない謎の一族」ということがあり得ます。

 

つまり、Dというのは政府にとってもただの噂話、迷信ということ?

 

そうならば、Dの秘密を知っているのは、ロジャー海賊団と白ひげだけということになります。

 

スポンサーリンク

Dは血縁関係ではない?

 

ルフィ 白ひげ Dの一族

ワンピース59巻576話より引用

 

白ひげは「血縁を断てどあいつら(=D)の炎は消えることはねえ」と言ってます。

 

サウロみたいな巨人族もいますし、Dの一族は必ずしも血縁関係で結ばれてるわけではないようです。

 

そうだとしたら、名乗ったら誰でもなれるということになっちゃいますが、そうだったら困りますね。Dの名を継ぐ者には何か条件があるはずです。

 

そもそも、白ひげは、血縁を絶ってもDの意思が受け継がれると知っていたのは何故なんでしょうか?

 

白ひげはロジャーからDの歴史を教えてもらいました。Dが一度完全に根絶やしにされた歴史があり、それなのに何故かDはまた現れ、現代にも生きてるということを聞かされたからかもしれません。

 

Dは何度も根絶やしにされ、その度に何故かまた現れる、ということを繰り返してきたのかもしれません。

 

スポンサーリンク

Dの意志=Dの一族ではない?

Dが血縁関係ではないなら「Dの一族」という呼び名には違和感を感じます。

 

普通、一族というのは血縁関係で結ばれる人達を指しますからね。

 

ということは、Dの意志とDの一族は別物なのかもしれません。

 

白ひげの「血縁を断てどあいつら(=D)の炎は消えることはねえ」という発言の真意は、「Dの一族の血を根絶やしにしても、Dの意志自体は消えずに受け継がれてく」ということ?

 

Dの意志自体は、Dの血縁じゃなくても受け継ぐことができる、だからあいつら(=D)の炎は消えない。彼はこういうことを伝えたかったのかもしれません。

 

スポンサーリンク

Dの意志、神と相対する思想とは?

 

ロー ロシナンテ D

ワンピース77巻764話より引用

 

Dの意志=神と相対する思想と考えていいと思います。

 

「神」を何と捉えるかで、それと相対する存在は変わって来ますが、ロシナンテの言ってるように素直に神を天竜人と考えるとします。

 

Dの意志=神と相対する思想ならば、神、つまり、天竜人の思想があるということです。天竜人の思想ってなんなんだろう?

 

ドラゴン 思想

ワンピース16巻142話より引用

 

政府が異常に危険視しているドラゴンの思想もこの神と相対する思想と同じなのかもしれません。だから思想ごときで危険視してる理由にもなるでしょう。

 

 

 

「思想」というからには、Dの一族に口承で伝えられてそうですが、ルフィやローは何も知らない様子でした。つまり、Dの一族は一般にその思想を知らない。

 

政府はそれゆえに、Dの一族を根絶やしにしないのかもしれません。危険なのはDの意志であってDの一族でないということです。

 

もしくは政府もDの意志は噂程度にしか知らず、本当に知ってるのはロジャー海賊団と白ひげだけなのかもしれません。

 

くれは Dの意志

ワンピース17巻154話より引用

 

 

もしかしたら、こんな意味深発言をしているDr.くれはも知っているかも。知っているということは、Drくれはは元ロジャー海賊団という可能性も?

 

Dの意志というのは、Dの一族の記憶に刷り込まれた「戦う意志」なんじゃないでしょうか?

 

戦わなければいけない相手(=世界政府?)は言い伝えられておらず、ワンピースを見つけたものにしか知りえないという仕掛け?

 

ロジャーは、ワンピースに戦わなければいけない相手を知らされるも、病気で死にゆく自分にはもう戦えないと判断し、未来に託したのかも。

 

戦う意志というのは、ロビンの「なぜ戦うの…?Dの名を持つあなた達よという言葉と共鳴します。

 

Dの一族というのは世界政府の連合軍と戦った戦闘民族で、だからDの名を持つものはもれなく強い。戦闘民族がゆえに、全員が「戦う意志(=Dの意思?)」を生まれながらにして持っている。

世界政府の連合軍の前に敗北を悟った彼らは、ラフテル(=Dの一族の本拠地?)に「戦わなければならない相手=世界政府」の情報を隠し、味方の光月家に頼んでポーネグリフに歴史とラフテルへの行き方を記させた。

わざわざラフテルに情報を隠したのは、世界政府が見つけて消さないようにするため。さらに、ラフテルに行けるほどの強者ではないと世界政府に勝てないだろうと思ったためである。

 

Dの意志とDの一族に関するストーリーはこういうものなのかもしれません。

 

スポンサーリンク

「Dはいつも数奇な運命に満ちている」の真意は?

 

センゴク D 数奇な運命

ワンピース60巻594話より引用

 

センゴクのこの発言を放った理由として考えられるのは

・たくさんのDを見てきた結果、みんな数奇な運命を辿っているから

・Dの歴史について知ってる

という2つの可能性が考えられます。

 

センゴクにとって一番身近なDの一族なのはガープですが、彼も数奇な運命に満ちているということでしょうか?そういえば彼の過去篇は明かされていないですし、海軍に入るまで色々あったのかもしれません。

 

もしかすると、センゴク自身が数奇な運命を辿ったDの一族であり、自分自身が生き証人という可能性もあります。センゴクも上の名前が判明していないですしね。

 

Dはいつも数奇な運命に満ちているというのは、偶然そうなっているのか、数奇な運命を辿る必然性があるのかは分かりませんか。というか数奇な運命を辿る必然性ってなんなんでしょうね(笑)

 

スポンサーリンク

Dの名を持ってそうな人物

これからローのように実はDでした的な展開がたくさんあると思います。サンジの件もありますし、隠し名サプライズはあるはず。

 

今のところ怪しいのは

・シャンクス

・クザン

・シルバーズ・レイリー

・ウルージ

・ロックス

・五老星

物語の最初から登場する超重要人物にもかかわらず、未だ上の名前が判明しないシャンクスは本命ですね。

 

クザンが入るのは、サウロの意思を組んでロビンを逃したり、海軍を抜けたりと、割とDの名を持つキャラっぽいことをしてるのが理由です。

 

五老星も誰も名前が判明してませんし、Dという可能性もなきにしもあらず。Dが世界政府を作ったという証拠を裏付ける展開になるかも。

 

レイリーがDだと思う理由は、ロジャーに勧誘されたからです。出会ったのはD同士引き付け合ったからと思うからです。

 

巨人族のDがいたことから、魚人や手長族、足長族、ミンク族にも出てくるかもしれません。特に、Dと関係がありそうなミンク族にDの名を持つものが新しく登場してくるかも?

 

コメント

  1. るー より:

    ユダヤがモデルの感じするけどなー

  2. 名無し より:

    Dの意志が受け継がれるのは口伝ではなく生まれついて身についていそう
    本人は自覚してはいないが自然と人格や思想、生き方がDの意志に準じる的な