イム様の正体を予想する【シャンクスと関係?】【ワンピース予想】

ワンピース予想
スポンサーリンク

京大生ワンピース考察ブロガーのげえてです。

 

突如現れたワンピース界に現れた世界政府の黒幕・イム様。

 

イム様の正体を予想するにあたって、気になるポイントをまとめると

・世間に知られてないと言う事実

・世界政府で一番強い可能性

・おそらく不老不死

・マリージョアの巨大な麦わら帽子と関係

があります。

 

スポンサーリンク

イム様の気になるポイント

 

世界の創造主「五老星」の上の存在

 

世間的には、世界政府の創造主の末裔である天竜人たちが一番偉いってことになってます。

 

しかし、天竜人の最高位である五老星が「様」付けで読んでいたので、本当に世界で一番偉い存在なのはイム様です。

 

世界政府は世間に嘘をついてるということになります。

 

別に、世界が一人の王(=イム様)によって支配されてることが世間に知られてもいい気がしますが、イム様の存在が隠されてるということは何か都合の悪いことでもあるんでしょうか?

 

イム様が、800年前世界政府が消した「不都合な歴史」に関係してる線が濃厚です。

 

イム様の存在を知ってるのは五老星だけなんでしょうか?それとも天竜人は全員知ってるんでしょうか?謎です。

 

世界政府で一番強い可能性

 

世界政府というのは、完全に強さによって序列がなされています。

 

海軍では、強さによって階級が決まります。元帥という地位も、赤犬と青キジを戦わせて強い方に与えられました。

 

CP(サイファーポール)もそうです。CP9が1~8より強く、CP0はCP9より強力でしょう。

 

そんな意外にも力が支配する世界政府の頂点に立つイム様は、世界政府で最強であり、大将や元帥より強い可能性があります。

 

 

げえて
げえて

白ひげや四皇以上かもね!

 

時や空間を操るみたいなチート級の悪魔の実を食べてるかもしれません。もしかしたら、この世の悪魔の実全ての能力を使えるとかかも!

 

おそらく不老不死

 

世界政府の頂点に立つ唯一の存在がコロコロ変わってたらおかしくありませんか?

 

天竜人は何人いてもいいので子供を産んで継がせればいいですが、世界政府の一人の支配者であるイム様という存在はそういうわけには行きません。

 

おそらく、イム様は900年前からずっと生きてる可能性が高いです。

 

オペオペの実の不老手術を受けたのでしょう。

 

もしかしたら、ドフラミンゴはイム様のことを知っていて、不老不死になって世界の実権を握るためにオペオペの実を欲したのかも。

 

マリージョアの巨大な麦わら帽子と関係

 

ドフラミンゴ 麦わら帽子 マリージョアの国宝

ワンピース90巻906話より引用

 

このマリージョアに大切に保管している巨大な麦わら帽子(=マリージョアの国宝?)に何か因縁がありそうな雰囲気です。

 

冷凍保存されてるところを見ると、だいぶ昔のものですね。おそらく「巨大な王国」と戦った800~900年前のものでしょう。

 

敵である「巨大な王国」の王が被っていたものなんでしょうか?それなら大事に保存する意味がわかりませんね(笑)。「巨大な王国」に関する文献は焼き払ったにも関わらずですからね。

 

 

以上の点を踏まえて、イム様の正体について予想すると

・連合国の王

Dの一族の王

・かつての月の支配者

・シャンクスの親

があります!

 

1つ1つ見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

イム様の正体

 

説1:20の連合国の王

 

天竜人の頂点である「五老星」のさらに上なので、普通に考えると「巨大な王国」と戦った20の連合国の王です。

 

「不老不死+時を操る悪魔の実」というチートの組み合わせで、20の王国を支配していたのかも。

 

ただ、これだと無難すぎてつまんないので個人的には違うと思ってます。

 

説2:Dの一族の王

 

もしかしたら、「巨大な王国」サイドのDの一族の王だったのかもしれません。

 

イム様は、元々「巨大な王国」サイドのDの一族の王で、最初は戦争でも「巨大な王国」サイドとして戦っていた。

 

その後、イム様は「巨大な王国」を裏切り、20の連合国に加担。

 

「巨大な王国」サイドは、イム様という巨大な戦力を失って敗北してしまう。

 

こういうことが過去にあったのかもしれません。

 

 

説3:かつての月の支配者

 

元々は地球の支配者でなく、月の支配者だったのかも。

 

イム様は元々月の支配者だったが、資源不足に悩み、地球に移住し支配して資源を自分のものにしようとした。

 

空を飛ぶ船で、部下とともにイム様は地球に降り立つ。(その部下が後の空島の羽の持つ人間たち)

 

20の王国と手を組み、地球を支配しようとする。

 

「巨大な王国」はそれに立ち向かうべく戦争を起こすが、あえなく敗北してしまう。

 

戦争に勝った20の連合国とイム様は、「地球を支配しようとした」という不都合な歴史を消すために、「巨大な王国」にまつわるあらゆる歴史を抹消し、イム様は「月からきた侵略者」という自らの存在も隠すことにする。

 

こういうストーリーがあったのかも。我ながら完成度が高いです(笑)。

 

説4:シャンクスの親

 

シャンクス 五老星 ある海賊

ワンピース90巻907話より引用

 

「君だから時間をとった」

 

この五老星のセリフは、「シャンクスが四皇で世界に影響力がある人物だから」という取り方もできますが、五老星に言われるくらいなので、もしかしたらイム様の子供だからなのかもしれません。

 

イム様の子供だからこそ、あの五老星も意見を聞いたのかも。シャンクスがイム様の子供なら、その異常なまでの強さも納得です。

 

そうだとしたら、シャンクスはイム様が海賊界に送ったスパイなのかも?妄想が広がりますね。

 

 

 

まとめ

イム様は

・世界政府で一番強い?

・おそらく不老不死?

・マリージョアの巨大な麦わら帽子と関係?

その正体は

・20の連合国の王?

Dの一族の王?

・かつての月の支配者?

・シャンクスの親?

 

コメント